身近なところだと早寝早起きなど、生活習慣を正すことは健康な身体作りの第一歩と言えるでしょう。もし生活習慣が悪いと、糖尿病や高血圧などのいわゆる成人病になってしまう可能性もあります。成人病の予防方法などを解説していきたいと思います。

早起きする女性のイラスト

生活習慣と頭痛と瞑想について

生活習慣の乱れは次第に、体調不良をしてマイナスの症状で現れることになります。心身ともに健康であるためには、生活習慣を良いものとしていく必要があります。体調管理やメンタルメンテナンスとしても、瞑想は良い方法になります。特別で不思議なイメージもある瞑想ですが、そもそもは集中するためには最適な方法ですし、脳へのリフレッシュ作用もあります。脳をとても安全な形で、メンテナンスできるのも瞑想であり、衝動を抑えるための能力を向上させてくれます。瞑想によって、頭痛の軽減にもなるとも言われています。

特に風邪でもないのに、急に頭痛を感じることがあります。それは生活習慣が、頭痛の引き金になっていることも考えられます。生活の中に要因は潜んでいる可能性もあるので、生活習慣をほんの少し見直してみるといいでしょう。例えば室内の照明もそのひとつです。室内の蛍光灯であったり、毎日見ているパソコンの画面のチラつきというのは、頭痛を招きやすい要因の一つとなります。でいるだけ非前項を入れるのがいいでしょう。

毎晩の睡眠を見直すのも、大切な解決方法になります。良い睡眠が十分ではないと、自律神経の乱れにもつながりやすくなります。睡眠はしっかりと取ることが大事ですし、夜の眠る時間も意識してみることです。深夜の22時から明け方の3時くらいまでの時間帯は、活発に成長ホルモンの分泌があるゾーンです。ですから意識して、この股間は寝るようにしましょう。成長ホルモン分泌もあり、自律神経も順調に整いやすくなります。目覚めたら朝日を浴びましょう。夜は眠り朝はスッキリ起きるというのが、体内の健康的なリズムを整えることになりますから、健康にもつながっていきます。